リアルなことだけを発信するブログ

DAIKUnoOSUSUME

工事

リフォーム費用の明確な相場なんてない!?プロがその理由を解説※

投稿日:

リフォーム工事をする上で気になるのがお金です。

どうしても工事となるとある程度高額な金額がかかります。

しかし、水回り(キッチンやトイレ・洗面台・お風呂)といったトラブルであれば早急に直さなければ大事になることもあるので修理しなければいけません。

リフォーム工事の相場ってどれくらいなんだろう?と調べていろんなホームページで『キッチン入れ替え〇〇万円!』『トイレ入れ替え〇〇万円!』という文字を見たことがある人もいるかも。。。

けど思うんですが、、、なぜそんな明確に金額を出せるんですか?

出せるわけないですよね?というのが僕の意見です。

 

今回はリフォーム工事を主に請け負っている大工の僕がその理由について説明したいと思います。

『なぜリフォーム費用の相場が出せるの?』

リフォーム工事において重要な関わりがあるものとしてまず商品(材料)があります。

トイレやキッチン、洗面台やクロス、床材などです。

もちろんすべて安いものから高いものまであります。

明確に金額を出しているリフォーム業者は最も安いものでこの値段でできますよと金額を出しています。

トイレ入れ替え工事ならば、追加料金のない状態で誰かが現場に見に行くこともなく、行ったらすぐに安いトイレをつけて終わり!という状態の値段を出しています。

 

ですが、ほとんどの場合は取り付けるために別で部材が必要だったり、配管の位置が悪いから位置を変えるための配管工事をして、床の復旧工事をして、取り付けます。

相場料金なんてあってないようなものです(その金額になることはほぼありません)。

絶対に追加料金が発生しますし、書いてある金額より大幅に跳ね上がります。

倍になることなんてざらです。

 

床材を張り替える費用を例にしてみる

床を張り替えるときに考えられるべきこと(費用がかかること)

  • 床材を選ぶこと
  • 新しく貼り替えで既存の床を解体するのか
  • 既存の床の上に貼るのか
  • 処分費
  • 幅木(床と壁の見切り材)は交換しなければいけないのか
  • 張り替える上で床の上にキッチンや洗面台など関わりがある部分があるか

床を張り替えるリフォーム工事に関して少し挙げただけでもこれだけ考える項目があります。

これらの項目が増えるたびに費用がかかることはわかりますよね?

床を張り替えるということはもちろん簡単なことではありません。

また住んでいる一室を張り替えるとなると、もちろん荷物(タンスなど)もあるかもしれません。これらを移動しながら張り替えることになると荷物移動費としてさらに費用がかかります。

こう言ったことを考えていくと相場なんて簡単に言えるものじゃないと思うのが僕の考えです。

まとめ

リフォーム会社が出している費用相場において、取り付ける商品のほとんどが安い商品・メーカーが安くできる商品(大量に生産しているもの)など、業者が指定していることがほとんどです。

商品が変われば費用がガラッと変わります。

また取り付けが難しい場所や追加工事が入るとそこで値段を大きく取る業者も少なくありません。

安易にこれくらいの金額なら、、と電話して変な営業に捕まらないようにしましょう。笑

-工事

Copyright© DAIKUnoOSUSUME , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.