リアルなことだけを発信するブログ

DAIKUnoOSUSUME

工事

水回りのリフォーム時期はいつごろ?早めにするのが吉な理由とは?

投稿日:

水回りのリフォームは住宅工事の中でも特に多いジャンルの一つです。

  • 最新のものにしたい
  • 古くなったから単純に交換したい
  • 水漏れがしたから交換せざるを得ない
  • 壊れて使えない

など理由は様々ありますが、水回りのリフォー時期ははいつが最適なのでしょうか?

特に問題がなければ交換する必要がないと考えるのが普通です。

水回りの商品は高額なものが多く設置費用と合わせると数十万から〜ということもあります。

極力交換したくないが、故障してしまうとその間使うことができません。

生活に支障が出るとそれはそれで嫌ですよね。

キッチン・洗面台・トイレ・お風呂、給湯器などどれも生活になくてはならないですよね。

1日でも使えないとなるととても不便だと思います。

そうなる前にリフォームして交換してしまいましょう。

今回は水回りリフォームいつ頃が最適時期なのか?

商品ごとに解説したいと思います。

 

水回りリフォームはいつが最適?

トイレのリフォーム・交換時期

トイレのリフォーム時期は15年〜20年がベストでしょう。

 

トイレで最初に起きる問題としてタンクのレバーが壊れる。タンクに水が溜まらずずっと流れっぱなしになるという問題です。

回数を重ねるごとに劣化していく部分なので、ずっと使えるというものではありません。

こういった最初のトラブルが起きた時に交換を考える・リフォームを考えるのは良いと思います。

 

トイレも年々新しくなるにつれて、便利な機能がついたり、何より節水機能・お掃除機能が発達しています。水道代の節約にもなるし、お掃除する頻度が減ることで他の時間の有効活用ができます。

トイレは年数が経つと配管との接続部が劣化して漏水を起こす可能性があります。

10年〜20年経ったときにトラブルが起きた時が最適な交換時期と言えるでしょう。

洗面台のリフォーム・交換時期

洗面台のリフォーム・交換時期は15年〜20年です。

使い方や使用頻度にもよりますが、排水溝から臭いがキツくなった、シャワーヘッドから水漏れがする、キャビネットの表面が剥がれてボロボロなどのトラブルが起きた時は交換・リフォームを検すると良いでしょう。

 

洗面台など綺麗に使用していれば、水栓部分だけの交換だけでさらに数年保つ場合もありますが、次に排水部分がダメになったとき結局交換しなければいけないので、まとめて洗面台ごと交換・リフォームすることをおすすめします。

お風呂のリフォーム時期

お風呂のリフォーム時期の目安は15年〜20年です。

特に在来型のお風呂と呼ばれる全面タイルでできているお風呂や、浴槽があって周りが左官仕上げになっているお風呂は要注意です。

タイルの目地と呼ばれる部分がひびが入っていたり、ダイルが割れているのを放置していると、その隙間から水、湿気が漏れて壁の中の柱や下地を腐らせてしまいます。

そうなると今度は壁の修理や、床の修理をしなければいけなくなるので修理費も合わさって高額な工事になってしまいます。

そうなる前にお風呂に不具合が生じた時は早めにリフォームすることをおすすめします。

 

また現在ユニットバスの方であればコーキングが切れていないか確認するのも時期を確認するのに良い方法です。

パネルのジョイント部分がコーキングという充填剤で埋められています。

コーキングもおおよそ10年も経てば劣化して切れたりします。

そうすると隙間から水漏れを起こすのでこれもまた周りを囲っている壁や床・天井を傷めてしまうので早めに対応が必要です。

 

また現在のユニットバスはヒートショックの対策もされているので、お風呂の気温が下がりすぎるのを防いでくれています。

また現在のユニットバスはほとんどバリアフリー化になっているので、高齢者がいる家庭であれば検討するべきですね。

 

キッチンのリフォーム時期

キッチンのリフォーム時期は10年〜20年です。

キッチン自体がダメになるというよりかは、水栓・レンジフード・コンロ・食洗機などが先に故障する場合がほとんどです。

水栓交換時期

10年程度で交換

レバーや、本体がガタガタする

シンクや、天板との繋ぎ目から水漏れなど

 

レンジフード交換時期

10年程度で交換

キッチンの製品で最も交換工事が多いのがレンジフードの交換です。

異音がする・回らなくなったなどが原因です。

油も一緒に吸い込んでしまうので日頃の手入れをしなければ耐用年数が最も変わってしまう製品でしょう。

 

ガスコンロ交換時期

10年〜15年程度で交換

火がつかない・ガス臭い・異音がするなどが起きたときは交換の目安です。

 

IHコンロ交換時期

10年〜15年程度で交換

温まらない・反応しない・異音がするなど不具合が出た時は交換の目安です。

 

食洗機交換時期

10年程度で交換

十分に洗えていない・ゴミ、カスが残る・異音がする・水漏れするなどが起きたら交換の目安です。

水漏れの場合少量ならなかなか気づかない場合も多く、量が多くても床下に直接漏れるという場合もあるので、年数が経ってからはキッチンの掃除をするときに軽く覗いてチェックすると良いでしょう。

 

シンク交換時期

10年〜20年程度で交換

シンクはあまり交換するものではないですが、大きく傷が入るとそこから錆びてきたり、くすんで汚くなれば交換しても良いでしょう。

シンクを交換するというときはキッチンごと交換した方が良いでしょう。

 

いつがリフォーム工事時期?水回りリフォーム時期まとめ

基本的に水回り製品は10年〜20年が耐用年数です。

10年を超えてくると水回りの製品は注意が必要です。

定期的にチェックして壊れていないか?不具合がないか見ましょう。

10年超えてなくてもメンテナンスを全くしてなければすぐ壊れてしまう場合もありません。

10年超えてからは気をつけながら使用し、水回り製品が20年経つころにはまとめてリフォームをするということも考えて良いかもしれませんね。

是非上記のことを参考にしてみてください。

-工事

Copyright© DAIKUnoOSUSUME , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.