リアルなことだけを発信するブログ

DAIKUnoOSUSUME

未分類

リフォームでぼったくり?だまされないために知っておきたいこと

投稿日:

リフォームて正直やってみないとわからないですよね。

だまされないかな?とか思ったりすることもあると思います。

何も知らなければぼったくりに合うこともあるでしょう。

では、、、

どうやったら高いお金を支払わずにリフォームできるか、

どうやって見極めるか説明したいと思います。

 

まずリフォームをするにあたって家のどの部分をリフォームするかによって

値段は大きく変わります。

設備を伴う工事

たとえば、キッチン、お風呂、トイレ、洗面台などです。

主に水回りですかね。

 

商品代について

これらはまず商品代が大きいので仕入れる業者によって値段の変動があります。

 

だいたい見積もりの段階で仕入れる値段より上乗せして見積もりを出します。

これはもちろん売上のためです。

しかしこの値段が明らかに高かったり、元々の仕入れ値が高ければ業者さんが上乗せしていなくても高くなってしまいます。

本当に何も知らなければアホみたいに値段あげられても気づかないということもあります。

よって値段をよく調べておくこと。

しかし、メーカー小売希望価格で値段をみてはいけません!

相見積もりを何社もとってその設備用品の相場を知るのです。

業者はメーカー小売希望価格の◯◯掛けで仕入れています。

掛け率というものがあり、小売希望価格の◯◯%で商品を仕入れることができます。

なので業者によって安く仕入れができるところや、高いまま仕入れるところがあります。

明らかに高い値段をとっている業者は安く仕入れているのに値段をあげて利益を大幅にとっている業者かもしれません。

 

工事内容について

見積もりは必ず相見積もりを取りましょう。

確実に信頼できる業者さんなら大丈夫かもしれませんが、

初めてリフォームするなら絶対です。

同じ工事内容で見積もりをとっても業者によって書き方や値段が違うと思います。

変な項目が入っていてお金を取られている場合、なぜこの金額が発生するのかしっかりと確認しましょう。

諸経費やゴミ処分費、運搬費、移動費、養生費、などざっくりしたものばかりです。

値段を調整できる項目でもあるのではっきりさせておきましょう。

相見積もりをとったら工事内容を十分に把握し、ひとつひとつの値段を確認します。

業者によって明らかに高い項目はチェックしときましょう。

上乗せがすぎるかもしれません。

 

工事費について

職人さんに支払う手当や手間のことです。

工事費は業者が使う職人によって値段が異なります。

職人が値段設定している場合や業者が設定している場合もあります。

工事手間については高いからといって良くないとは限りません。

職人さんが良ければ値段が高い場合もあれば、ただ単に利益のためにあげている場合もあります。

職人さんの手間が安ければ雑な工事になる場合もあれば、しっかりとやってくれる職人さんもいます。こればっかりは工事してもらわなければわかりません。

もしくは職人さんに直接会って話してみるというのもありです。

いい職人さんは必ず工事に対して真面目に対応してくれるはずです。

 

これらのことを踏まえてリフォームに臨めば

悪徳リフォームを交わすこともできるかもしれません。

-未分類

Copyright© DAIKUnoOSUSUME , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.